« フォース・インディア、来季はトヨタの風洞設備使用へ | トップページ | 主催者も驚く来季韓国GPカレンダー復活の裏側 »

2014/12/05

マクラーレンの来季体制停滞にはスポンサー原因か

R.Dennis & E.Boullier (C)McLaren Group
拡大します
4日(木)にも発表とみられたマクラーレン・チームの来季ドライバー・ラインナップ発表は結局見送りとなったが、その原因にスポンサー問題があるのでは、と一部メディアが伝えて注目されている。

これは、デンマークの『コペンハーゲン・ポスト』紙が報じたもの。
それによればデンマークを代表する大手玩具企業である『レゴ社』が、来季マクラーレン・チームのタイトル・スポンサーになることを念頭に交渉していたが、いまだ合意に達しないというもの。

このところ同チームはタイトル・スポンサーなしでF1を戦っているが、マクラーレンほどのチームとしても資金的には苦しいとみられる。
ましてや来季パワーユニットをホンダに変更することで他よりもコストが掛かるのは当然とみられる。
そこでデンマークの『レゴ社』がタイトル・スポンサーとなれば、同国出身のドライバーであるケビン・マグヌッセンが契約で優位に立つというのは容易に推察されること。

ロン・デニス氏やエリック・ブイユ代表ら首脳はいまドライバーだけでなくスポンサー契約の行方にも全精力を傾注している筈だ。

|

« フォース・インディア、来季はトヨタの風洞設備使用へ | トップページ | 主催者も驚く来季韓国GPカレンダー復活の裏側 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60762425

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンの来季体制停滞にはスポンサー原因か:

« フォース・インディア、来季はトヨタの風洞設備使用へ | トップページ | 主催者も驚く来季韓国GPカレンダー復活の裏側 »