« フェラーリ離脱のデ・ラ・ロサにマクラーレン復帰の噂 | トップページ | パワーユニット基数のトリック、抜け道を塞がれる »

2014/12/21

クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)、それでも「最高の年だった」

Image (C)Redbull Racing
拡大します
ここ4年間、ルノー・エンジンと共にF1タイトルを欲しいままにしてきたレッドブル・レーシングだったが、レギュレーションが大幅に変更となった2014年シーズンは思うような戦績を挙げられず、いずれのタイトルも獲れないまま終えた。
しかし同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、それでも「ここ数年の中でも最高と言える年だった」と、語っている。

これはイギリスの専門誌『オートスポーツ』に語ったもの、その中でこの指揮官は「考えてもみたまえ。
今年はとにかくメルセデス・エンジンが圧倒したシーズンだった。
なにしろランキング上位6チームのうち、4チームがメルセデス搭載チームだったんだ。
われわれのルノーはパワーで劣るだけでなく、冷却の問題、そして信頼性……
何を取っても大きなハンディを負わされた戦いを強いられたんだ。
それを考えればリカルドによってなんとか3回の勝利を記録、コンストラクターズ・ランキングでも最終的にメルセデスAMGに次ぐ2位でフィニッシュというのは立派な成績だよ。
少なくともいくつかの点ではわれわれは過去5-6年で最大の成果を挙げたと自負しているね」と、胸を張っている。

|

« フェラーリ離脱のデ・ラ・ロサにマクラーレン復帰の噂 | トップページ | パワーユニット基数のトリック、抜け道を塞がれる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60841568

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)、それでも「最高の年だった」:

« フェラーリ離脱のデ・ラ・ロサにマクラーレン復帰の噂 | トップページ | パワーユニット基数のトリック、抜け道を塞がれる »