« マルシアのオークション2015年マシンも、ハースF1が関心示す | トップページ | ザウバー『C34』、FIAのクラッシュテストに合格 »

2014/12/19

エクレストン氏、パワーユニットのコスト削減迫る

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
今シーズン、ケータハムそしてマルシアと相次いだ小プライベート・チームの破綻について、その大きな理由に今季から導入された新しいパワーユニットのコスト負担があったとして、バーニー・エクレストン氏はそのコスト削減をエンジン・メーカーに迫っている。

これは英『PAスポーツ』が伝えたもの。
その中でこのF1総帥は、次のように主張している。
「プライベート・チームが資金難に陥っている最大の原因はエンジンを含む新しいパワーユニットに掛かるコストが大きな負担になっているということだ。
今年のような状況が続くなら、F1チームはさらに減少しかねない。
いまもしも目をつぶって賛否を問うたなら、今年のレギュレーションで良いと考えているのはただ1社だけだろう。
もちろんそれはメルセデスだ。
だから私はパワーユニットのコストを大幅に下げるか、そうでないならまた元のノーマル・アスピレーション(自然吸気)エンジンに戻すことを提案するつもりだ」

|

« マルシアのオークション2015年マシンも、ハースF1が関心示す | トップページ | ザウバー『C34』、FIAのクラッシュテストに合格 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60831845

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、パワーユニットのコスト削減迫る:

« マルシアのオークション2015年マシンも、ハースF1が関心示す | トップページ | ザウバー『C34』、FIAのクラッシュテストに合格 »