« マクラーレン、バトンが残留でマグヌッセンはリザーブか | トップページ | 来季マクラーレン、アロンソ&バトンのチャンピオン・コンビに »

2014/12/11

FORMULA ONEとピレリ:2013年から2014年への変遷 テクノロジー・レボリューション

2014年12月10日、ミラノ

意図的なデグラデーションを特長とするタイヤを供給してきたピレリは、ターボによる過給およびそれに伴うトルクの増大といった革新的な今年の新ルールに対し、一貫した性能の継続と予想のしやすいタイヤを供給し、1レースあたり平均2~3回のピットストップという例年と同程度の交換頻度のタイヤを提供することができました。お蔭様でピレリは、このように約束を成し遂げて、レースをより盛り上げるための演出に貢献することができました。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリー

Pi

ピレリジャパン・プレスリリース

|

« マクラーレン、バトンが残留でマグヌッセンはリザーブか | トップページ | 来季マクラーレン、アロンソ&バトンのチャンピオン・コンビに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60794516

この記事へのトラックバック一覧です: FORMULA ONEとピレリ:2013年から2014年への変遷 テクノロジー・レボリューション :

« マクラーレン、バトンが残留でマグヌッセンはリザーブか | トップページ | 来季マクラーレン、アロンソ&バトンのチャンピオン・コンビに »