« 全南道、韓国GPの2015年F1カレンダー登載に当惑 | トップページ | ニューイ氏、『アメリカズ・カップの夢』実現へ »

2014/12/08

FIA、スーパーライセンスの発給条件を強化へ

FIA

伝えられていた通り、FIA(国際自動車連盟)はWMSC(世界モータースポーツ評議会)の会議を経てF1参戦に必要なスーパーライセンスの発給条件を強化することを正式発表した。

その主たるものはスーパーライセンスに最低年令条件を設け、満18歳以上と明記したこと。
また下位フォーミュラでの最低2年間の経験や、新たなポイント・システムを導入するなど改革が行われる。

ただしこの変更は2016年シーズンからということで、改革のきっかけとなったまだ16歳のマックス・フェルスタッペン自身はその時点で18歳になっているのでトロ・ロッソでのF1デビューへの具体的な障害にはならないことになる。

|

« 全南道、韓国GPの2015年F1カレンダー登載に当惑 | トップページ | ニューイ氏、『アメリカズ・カップの夢』実現へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60777708

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、スーパーライセンスの発給条件を強化へ:

« 全南道、韓国GPの2015年F1カレンダー登載に当惑 | トップページ | ニューイ氏、『アメリカズ・カップの夢』実現へ »