« FIA、ビアンキ(マルシア)の事故原因を「減速不十分」と指摘 | トップページ | フォース・インディア、来季はトヨタの風洞設備使用へ »

2014/12/05

マクラーレン取締役会、2015年ドライバー選定結論出せず

McLaren Technology Center (C)McLaren Group
拡大します
マクラーレン・グループの取締役会が4日(木)、サリー州ウォーキングにある同社自慢のテクノロジー・センターで行われたが、注目されたマクラーレン・チーム2015年のドライバー選定については結論に至らなかったことがスポークスマンから報告された。

同チームでは早くからフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の加入が確実視されたものの、そのチームメイトが誰になるのか不明のまま。
ここに来てやはり現在のレースドライバーであるジェンソン・バトンかケビン・マグヌッセンのいずれかに絞られたとされたが、結論が出されないまま。
今回の取締役会で最終決定がされると期待されたが結局外された形だ。

マクラーレン・チームにとって来季はパワーユニットを変更するという大きな改革期に当たるため、ドライバー決定が遅れることは決してプラスには働かないとみられている。

|

« FIA、ビアンキ(マルシア)の事故原因を「減速不十分」と指摘 | トップページ | フォース・インディア、来季はトヨタの風洞設備使用へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60762031

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン取締役会、2015年ドライバー選定結論出せず:

« FIA、ビアンキ(マルシア)の事故原因を「減速不十分」と指摘 | トップページ | フォース・インディア、来季はトヨタの風洞設備使用へ »