« 注目のマクラーレン・ホンダ、2015年ドライバー発表間近 | トップページ | セバスチャン・ベッテル、レッドブルにお別れ »

2014/12/03

『バーチャル・セーフティカー』、2015年から実戦導入へ

Digiflag (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、かねてテストを重ねてきたいわゆる『バーチャル・セーフティカー』について、これを2015年シーズンに正式導入することを決めたことがわかった。

これは、先の日本GPで起きたジュール・ビアンキ(マルシア)のアクシデントをきっかけに検討がされていたもの。
想定する事例として、コース上に何らかの危険が生じた場合に、セーフティカーを投入するほどではないと判断された時に「コースサイドの電子掲示板やコースマーシャルによるフラッグで『VSC』を表示。
警告すると共にコントロールタワーからコース上の各マシンのECU(エンジン・コントロール・ユニット)に信号を出し強制的に速度を制限させる」というものだ。

またこれまでしばしば問題になっていたイエローコーション下での速度超過についても有効な手段になると期待されている。

|

« 注目のマクラーレン・ホンダ、2015年ドライバー発表間近 | トップページ | セバスチャン・ベッテル、レッドブルにお別れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60752206

この記事へのトラックバック一覧です: 『バーチャル・セーフティカー』、2015年から実戦導入へ:

« 注目のマクラーレン・ホンダ、2015年ドライバー発表間近 | トップページ | セバスチャン・ベッテル、レッドブルにお別れ »