« フェラーリの2015年新型車開発コードは『666』 | トップページ | 英誌選定『ドライバートップ50』1位にダニエル・リカルド »

2014/12/30

ミハエル・シューマッハ氏、事故から1年経過

元フェラーリ等のF1チャンピオン・ミハエル・シューマッハ氏が、フランスの著名観光地グルノーブルでスキー中に事故により重体となってから1年が経過した。

これを機にシューマッハ氏のパーソナル・スポークスウーマンであるサビーネ・ケームさんがコメント。
英『ロイター』によれば、「一部報道のように『順調な進展があった』というのは残念ながら正確なものではありません。
シューマッハはいまも深刻な状況で、精一杯戦い続けています。
どうか引き続き温かい目で応援していただきたいと思います」と、語ったとのこと。

同氏は当初入院していたフランス・グルノーブルの病院からスイスに転院。
さらに9月にはスイスの自宅に設備を整えて『自宅療養』となっているとのことだ。

|

« フェラーリの2015年新型車開発コードは『666』 | トップページ | 英誌選定『ドライバートップ50』1位にダニエル・リカルド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60889313

この記事へのトラックバック一覧です: ミハエル・シューマッハ氏、事故から1年経過:

« フェラーリの2015年新型車開発コードは『666』 | トップページ | 英誌選定『ドライバートップ50』1位にダニエル・リカルド »