« カルロス・サインツJr.、来季マクラーレン・チーム入り窺う | トップページ | メルセデスAMGチーム首脳、「最高のお膳立てできた」と自賛 »

2014/11/16

エクレストン氏の「最終戦Wポイント方式」はご破算

Podium (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表肝煎りで導入された「最終戦Wポイント方式」だが、本人自らこれを今季限りで廃止する意向をみせている。

初めて導入された今年の場合、チャンピオンシップでトップに立つハミルトン(メルセデス)は通算10回の優勝を記録、ポイントを334まで積み上げている。
優勝5回で2位のロズベルグとは17ポイントの差を付けているが、しかしこれは最終戦の1戦だけでタイトルの行方は左右されてしまうことになる。
二人が所属するメルセデスAMGチームでは、「もしもイージーなミスなどしたら大変」と、スタッフらは戦々恐々となっているという。

エクレストン氏は当初ラスト3戦をポイント2倍にする案を示していたが、いまこうした案を支持する関係者は皆無といっていい状態。
本人も最近は口にしなくなっていて、おそらく来年は通常のポイント・システムに戻されることだろう。

|

« カルロス・サインツJr.、来季マクラーレン・チーム入り窺う | トップページ | メルセデスAMGチーム首脳、「最高のお膳立てできた」と自賛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60660214

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏の「最終戦Wポイント方式」はご破算:

« カルロス・サインツJr.、来季マクラーレン・チーム入り窺う | トップページ | メルセデスAMGチーム首脳、「最高のお膳立てできた」と自賛 »