« ロズベルグ(メルセデス)、「ハミルトンは王者にふさわしいドライバー」 | トップページ | フェラーリ、マルコ・マッティアッチF1チーム代表の更迭発表 »

2014/11/24

ルイス・ハミルトンがアブダビグランプリを制し、 ピレリタイヤでの初のチャンピオンシップを獲得 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2014 アブダビグランプリ 決勝
・異なる戦略が、ハミルトンとフェリペ・マッサによる大接戦のフィニッシュを彩る
・ダニエル・リカルド、ピットレーン・スタートで4位を獲得

2014年11月23日、アブダビ
ルイス・ハミルトンが、2ストップ戦略でアブダビでのチャンピオンシップ決定戦を制し、通算2回目でピレリタイヤでは初めてのドライバーズタイトルを獲得しました。2番グリッドからP Zeroレッド・スーパーソフトでスタートしたハミルトンは、スタート直後にトップに立ち、続く2スティントをP Zeroイエロー・ソフトで走行しました。

メルセデスは、今シーズン16勝目を挙げ、フェラーリとマクラーレンによるシーズン最多勝利記録の15勝を更新しました。今シーズン11勝を達成したハミルトンは、ファン・マヌエル・ファンジオ以来のメルセデスのワールドチャンピオンとなりました。

4番グリッドからスーパーソフトでスタートしたウィリアムズのフェリペ・マッサは、ハミルトンとは異なる2ストップ戦略を採って、まずはソフトへ交換し、最終スティントの13周をソフトよりもラップあたり約1秒速いスーパーソフトで走行し、レース終盤にはハミルトンを猛烈な勢いで追い上げました。

マッサはこの戦略によって、フィニッシュ時のハミルトンとのタイム差を3秒弱にまで縮めていました。チームメイトのバルテッリ・ボッタスは、スーパーソフト-ソフト-ソフトと繋ぐ戦略で表彰台を獲得しました。

予選タイム剥奪処分を受け、ピットレーンからスタートしたレッドブルの両ドライバーは、ともにソフト-ソフト-スーパーソフトと繋ぐ戦略を採用しました。この戦略が功を奏し、一時3位まで順位を上げたダニエル・リカルドは、4位でフィニッシュし、レースのファステストラップを記録しました。また、リカルドは、6名を除く全ドライバーがスーパーソフトでスタートした中、ソフトタイヤでスタートしたドライバー中での最高順位を獲得しました。

路面温度と気温が下降し、レースの進行とともにサーキットのスピードが速くなったため、各チームは、入念にタイヤの摩耗とデグラデーションをモニターする必要がありました。両コンパウンドは期待通りの性能を示し、ドライバーおよびチームは最大限までプッシュすることができました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「ドライバーズタイトルを獲得したルイス・ハミルトンと、シーズンを通してハミルトンとの堂々たる闘いを繰り広げたニコ・ロズベルグを祝福します。タイヤは、決勝前に収集したデータに沿って期待通りの性能を示しました。レース終盤にスーパーソフトのスピードを示したマッサや、ソフトで後方からスタートして素晴らしいパフォーマンスを見せたリカルドに代表されるように、今日は広範囲に渡って興味深い戦略が機能していました。まさにシーズンの締めくくりに相応しいレースでした。そして、我々は早くも2015年シーズンへ向けて動いており、翌火曜日と水曜日には今シーズン最後のテストをここアブダビで行います。このテストで、我々の新しいタイヤもデビューします」

Pi1 Truth-O-Meter:
55周で争われる決勝について、2ストップが最速と予測しました。我々が予測した最速戦略は、スーパーソフトでスタートし、8周でソフトへ、31周でソフトへ交換する戦略でした。ハミルトンは、スーパーソフトによる第1スティントの長さ以外は同じ戦略を採り、10周目と31周目にピットストップを行いました。

Pi2

|

« ロズベルグ(メルセデス)、「ハミルトンは王者にふさわしいドライバー」 | トップページ | フェラーリ、マルコ・マッティアッチF1チーム代表の更迭発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60705864

この記事へのトラックバック一覧です: ルイス・ハミルトンがアブダビグランプリを制し、 ピレリタイヤでの初のチャンピオンシップを獲得 (ピレリ):

» F1アブダビGP(2014 R19) [UKYOのつぶやき]
F1最終戦アブダビGP! [続きを読む]

受信: 2014/11/24 19:18

« ロズベルグ(メルセデス)、「ハミルトンは王者にふさわしいドライバー」 | トップページ | フェラーリ、マルコ・マッティアッチF1チーム代表の更迭発表 »