« ザウバー、マーカス・エリクソンと2015年契約結ぶ | トップページ | ニコ・ロズベルグがソフトタイヤでポール獲得 (ピレリ) »

2014/11/02

アロンソ(フェラーリ)、パワーダウン覚悟で旧エンジン使用

Ferrari V6 Engine (C)Ferrari S.p.A
拡大します
好調メルセデス・エンジンのユーザーを除き、ルノーやフェラーリ・エンジン搭載ドライバーの中にはベッテル(レッドブル)のように6基目のエンジン投入でペナルティを受けるものが目立ち始めている。

これについてフェラーリ・チームのフェルナンド・アロンソは、「ウチも新エンジン投入を考えたが、チームで話し合った結果旧いエンジンのままで行くことにした」と、その背景を語っている。

もし6基目のパワーユニットを投入した場合、後方からの追い上げが必要となり、せっかくのフレッシュ・エンジンを酷使することになる訳で、残り2戦、とりわけポイントが2倍となる最終戦の戦いを考えてこれを回避することを決めたのだという。

「旧いエンジンでは1周でコンマ数秒は遅くなるが、追い上げる必要はなくなるのでこちらを選択した」とアロンソは説明している。

|

« ザウバー、マーカス・エリクソンと2015年契約結ぶ | トップページ | ニコ・ロズベルグがソフトタイヤでポール獲得 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60582951

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(フェラーリ)、パワーダウン覚悟で旧エンジン使用:

« ザウバー、マーカス・エリクソンと2015年契約結ぶ | トップページ | ニコ・ロズベルグがソフトタイヤでポール獲得 (ピレリ) »