« トト・ウォルフ氏、ロズベルグに謝罪も個人的にはハッピー? | トップページ | 2度目王者ハミルトン、「今まで生きてきた中で一番幸せ」 »

2014/11/24

小林可夢偉(ケータハム)、「スタートまもなくバイブレーション」

小林 可夢偉 (C)Caterham F1 Team
拡大します
やっと復活が果たせたケータハムF1でのアブダビGPだったが、小林可夢偉のレースはマシントラブルによるリタイヤという無念なものだった。

「期待した今季最終戦だっただけに、途中でマシンを降りるというのはドライバーにとっては残念でしかたないこと。
でもマシントラブルじゃしようがない。
スタートしてまもなく原因不明のバイブレーションが出始めたんだ。
それがどんどんひどくなってきて、チームと無線で話した結果、安全のためレースを終えることになった。
ペースも悪くなかっただけに、残念な気持ちで一杯。
易しい状況じゃなかったけれど、こうしてまた走れたのはファンのお陰。
ほんとうに感謝しています」

来季、チームの存続すら危ぶまれる状況の中、将来への展望はいまのところ見渡せていない。

|

« トト・ウォルフ氏、ロズベルグに謝罪も個人的にはハッピー? | トップページ | 2度目王者ハミルトン、「今まで生きてきた中で一番幸せ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60703583

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ケータハム)、「スタートまもなくバイブレーション」:

« トト・ウォルフ氏、ロズベルグに謝罪も個人的にはハッピー? | トップページ | 2度目王者ハミルトン、「今まで生きてきた中で一番幸せ」 »