« アブダビGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)がトップ | トップページ | グロージャン(ロータス)、6基目パワーユニット投入でペナルティ »

2014/11/22

アブダビGPフリー2回目、アロンソ(フェラーリ)ノータイム

Yas Marina Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
21日(金)、アラビアの空が夕闇に染まる頃、アブダビGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
天候に問題なく、引き続きドライコンディション、セッション開始時の気温は26度、路面温度32度と涼しくなってきている。
バトン(マクラーレン)はハイドロリック系とみられるトラブルで序盤はガレージに留まったまま。
フェラーリ・チーム離脱が発表されたばかりのアロンソ(フェラーリ)がいきなりトラブル。
計測ラップに入ったところで電源を失った形で突然コース上にマシンを止めた。

各車スーパーソフトによるタイムアタックを行った結果、タイミングモニターのトップに立ったのはここでもチャンピオン最右翼のハミルトン(メルセデス)だった。
午前よりも1秒以上タイムを削り、1'42.113を記録した。
2番手はやはりロズベルグ(メルセデス)でハミルトンとの差は0.083というもの。
3番手マグヌッセン(マクラーレン)で、午前には1秒以上あった上位2車との差を0.7秒ほどまで詰めた。
4番手ベッテル(レッドブル)、5番手ボタス(ウィリアムズ)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手ライコネン(フェラーリ)、8番手バトン(マクラーレン)、9番手クビアト(トロ・ロッソ)、そして10番手がマッサ(ウィリアムズ)だった。

珍しく2台ともトラブルフリーだったケータハムF1は小林可夢偉18番手、スティーブンス19番手。
マシントラブルのアロンソ(フェラーリ)は結局ノータイムでこのセッションを終えた。

アブダビGP:フリー走行2回目の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

« アブダビGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)がトップ | トップページ | グロージャン(ロータス)、6基目パワーユニット投入でペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60691770

この記事へのトラックバック一覧です: アブダビGPフリー2回目、アロンソ(フェラーリ)ノータイム:

« アブダビGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)がトップ | トップページ | グロージャン(ロータス)、6基目パワーユニット投入でペナルティ »