« マルシアF1、結局アブダビGPでの復活の目論見潰える | トップページ | アブダビGPフリー2回目、アロンソ(フェラーリ)ノータイム »

2014/11/21

アブダビGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)がトップ

Yas Marina Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
21日(金)、いよいよ今年のドライバーズ・タイトルを掛けた最終戦アブダビGPがヤス・マリーナ・サーキットを舞台にスタートした。

このセッションではロータス・チームがグロージャンに代えて若手育成ドライバーであるエステバン・オコン(18歳:フランス)を、またザウバーではスーティルに代えアダリー・フォング(24歳:中国)を起用している。
今回ピレリタイヤはソフトとスーパーソフトを投入。
天候は晴れ、ドライコンディションでセッション開始時の気温は27度、路面温度は42度となっている。

30分ほど過ぎた時点で、ボディ軽量化の影響なのかボタス(ウィリアムズ)のマシンの右サイドのカウリングが走行中に突然破壊するという珍しい出来事に見舞われた。
また今回がデビュー戦のウィル・スティーブンス(ケータハム)が消火器のトラブルということで長くピットガレージに留まっている。

90分のセッションを終え、まずトップに立ったのはメルセデスAMGのハミルトン。
これにチームメイトのロズベルグが0.131秒の差で続いた。
1分43秒台に入ったのはこの2台だけで、3番手以下は1分45秒台。
その3番手はアロンソ(フェラーリ)、4番手にベッテル(レッドブル)といま話題の二人が並んだ。
5番手リカルド(レッドブル)、6-7番手トロ・ロッソのベルニュ&クビアト、8番手ボタス(ウィリアムズ)、そして9-10番手がペレス&ヒュルケンバーグのフォース・インディア勢になった。

またマクラーレン勢はマグヌッセン11番手、バトン17番手。
ライコネン(フェラーリ)は12番手。
復帰のケータハムF1は小林可夢偉18番手、スティーブンス20番手だった。

アブダビGP:フリー走行1回目の結果はこちら
アブダビGPの画像はこちら

|

« マルシアF1、結局アブダビGPでの復活の目論見潰える | トップページ | アブダビGPフリー2回目、アロンソ(フェラーリ)ノータイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60689798

この記事へのトラックバック一覧です: アブダビGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)がトップ:

« マルシアF1、結局アブダビGPでの復活の目論見潰える | トップページ | アブダビGPフリー2回目、アロンソ(フェラーリ)ノータイム »