« メルセデスのドライバー間で優勝をかけた戦術的な僅差のバトルが展開 (ピレリ) | トップページ | 両陣営、「エンジン凍結緩和案」でメルセデスを非難 »

2014/11/11

ケータハムF1、目標資金の半分をすでに獲得

Caterham F1/logo (C)Caterham F1 Team
拡大します
今季最終戦アブダビGPでの復活に向け、一般のファンから資金を募るという手段に出たケータハムF1だが、最初の2日間ですでに目標金額の半分近くを集めたことを明らかにした。

これは『#リフューエル・ケータハムF1』と名付けられたもので、インターネット上のクラウドファウンディングによって支援を受け、その金額により最終戦アブダビGPで寄付者の名前がマシンに掲出されるというもの。
アブダビGP前週の11月14日(金)までの目標金額を総額235万ポンド(約4億3千万円)としていたが、すでに100万ポンドを越える資金が集まったとのこと。

同チームの管財人は「たくさんの支援に、関係する全員がほんとうに感謝している。
幸い資金調達目標のほぼ半分まできているが、しかし、私はまだ歯ブラシを荷物に詰めていない。
まだ集めなければいけない残りの資金についても最大限の支援をお願いしたい」と、語っている。

|

« メルセデスのドライバー間で優勝をかけた戦術的な僅差のバトルが展開 (ピレリ) | トップページ | 両陣営、「エンジン凍結緩和案」でメルセデスを非難 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60632803

この記事へのトラックバック一覧です: ケータハムF1、目標資金の半分をすでに獲得:

« メルセデスのドライバー間で優勝をかけた戦術的な僅差のバトルが展開 (ピレリ) | トップページ | 両陣営、「エンジン凍結緩和案」でメルセデスを非難 »