« ソフトとスーパーソフト、今シーズンの最終戦に登場 (ピレリ) | トップページ | 宙ぶらりん状態のベッテル、「アロンソの立場理解する」 »

2014/11/19

「ルノー、メルセデスと比べ75馬力劣る」とレッドブル代表

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
ルノー・エンジンを搭載して戦うレッドブル・レーシングだが、ライバルで今季好成績を続けるメルセデス・エンジンに比べ、75馬力は劣っていると嘆きの見解が出され注目されている。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表がイタリアの専門誌『アウトスプリント』に語ったもの。
その中でこのイギリス人は「コーナーでのスピードを比べればウチはいつもトップクラスにある。
しかしこれがストレートでのトップスピードとなると一転して最下位クラスになってしまう。
その理由は明確で、エンジン・パワーが大きく劣るからだ。
実際、ルノーとメルセデスでは75馬力は違うんだ。
F1は今年まったく新しいテクノロジーを導入したのに、あまりに早くその開発を凍結してしまった。
パワーにこれだけ差があったのでは、シーズンが始まってからいくら努力してもをカバーなんてしきれないよ」と、訴えた。

ただ現状これが2015年シーズンに改善される見通しは立っていない。

|

« ソフトとスーパーソフト、今シーズンの最終戦に登場 (ピレリ) | トップページ | 宙ぶらりん状態のベッテル、「アロンソの立場理解する」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60676587

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルノー、メルセデスと比べ75馬力劣る」とレッドブル代表:

« ソフトとスーパーソフト、今シーズンの最終戦に登場 (ピレリ) | トップページ | 宙ぶらりん状態のベッテル、「アロンソの立場理解する」 »