« FIA(国際自動車連盟)、「黄旗強制減速」をUS-GPで試験導入 | トップページ | 「チーム破綻、終わりじゃない」と、M.モズレー前FIA会長 »

2014/10/28

US-GP、予選Q1は2台がノックアウト

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
ケータハムF1に続き、マルシアF1についてもチームの資産が管財人(FRP Advisory LLP)の管理下に置かれたことにより、今週行われるUS-GPの参加台数は18台になることが確実となった。

F1レギュレーションでは18台になった場合の予選方式について明記されていないが、これまでのやり方を踏襲すると予選Q1では2台だけがノックアウト、Q2でさらに6台が脱落してQ3に進出する10台が決定することになるとみられる。

なお、次戦ではすでにベッテル(レッドブル)がエンジン交換によりレギュレーションでピットスタートになることが決まっているため、実際には1台だけがQ1脱落になる見通しだ。

|

« FIA(国際自動車連盟)、「黄旗強制減速」をUS-GPで試験導入 | トップページ | 「チーム破綻、終わりじゃない」と、M.モズレー前FIA会長 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60555717

この記事へのトラックバック一覧です: US-GP、予選Q1は2台がノックアウト:

« FIA(国際自動車連盟)、「黄旗強制減速」をUS-GPで試験導入 | トップページ | 「チーム破綻、終わりじゃない」と、M.モズレー前FIA会長 »