« ミハエル・シューマッハ担当医師、「回復に1~3年」の見通し | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)、アウディ・ブランドでF1参戦か »

2014/10/26

「マルシアのUS-GP欠場」、B.エクレストン氏が認める

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ケータハムF1に続き噂になっていたマルシアF1チームのUS-GP欠場について、これをFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表のバーニー・エクレストン氏が認めたことがわかった。

これは英『ロイター』の取材に語ったもので、この結果US-GPのスターティンググリッドに並ぶのは最大でも18台ということになる。
なお、US-GPのアメリカからその次の南米ブラジルGPへは直接機材輸送が行われるため、マルシアのブラジルGP欠場も確定的ということになる。

過去18台というのは2005年のモナコGP。
この時はB.A.R・ホンダ・チームのマシンが重量規定違反で出場停止となったものだった。特殊な例としては2005年のアメリカでミシュランタイヤのトラブルから同陣営が決勝レース出走をボイコット、ブリヂストンタイヤ・ユーザーだけの6台で行われたインディアナポリスが思い起こされる。

|

« ミハエル・シューマッハ担当医師、「回復に1~3年」の見通し | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)、アウディ・ブランドでF1参戦か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60544464

この記事へのトラックバック一覧です: 「マルシアのUS-GP欠場」、B.エクレストン氏が認める:

« ミハエル・シューマッハ担当医師、「回復に1~3年」の見通し | トップページ | VW(フォルクスワーゲン)、アウディ・ブランドでF1参戦か »