« パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」 | トップページ | ビアンキの状態は「重篤ながら安定」と、家族発表 »

2014/10/31

US-GPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏

Derek Warwick (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週末行われるUS-GPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、ベテランのデレック・ワーウィック氏(60歳:イギリス)をあてることを明らかにした。

元アロウズ等のF1ドライバー、デレック・ワーウィック氏のスチュワート就任は2010年のスペインGP以来、最近では今年のイタリアGPに続くもので通算14回目となる。

F1では1981年サンマリノGPで当時のトールマンからデビュー、その後ルノー、ブラバム、アロウズ、ロータス、フットワークと渡り最高位は2位。
F1引退後はスポーツカーレースでも活躍し、1992年にはプジョーを駆ってル・マン24時間レースに勝利した。
また現在はシルバーストーン・サーキットの保有者でもあるBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)の代表を務めていることでも知られる。

|

« パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」 | トップページ | ビアンキの状態は「重篤ながら安定」と、家族発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60570927

この記事へのトラックバック一覧です: US-GPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏:

« パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」 | トップページ | ビアンキの状態は「重篤ながら安定」と、家族発表 »