« フリー3回目ハミルトンがクラッシュ、可夢偉トラブル | トップページ | 予選Q2、ベッテル(レッドブル)ギリギリでクリア »

2014/10/04

予選Q1はハミルトン(メルセデス)トップ

日本GP公式予選Q1がスタート。
心配された天候は晴れ、路面はドライ。
セッション開始時の気温は24度、路面温度は39度という良好なコンディションでスタート。

18分間に渡って行われたQ1の結果は、修復なったメルセデスAMGのハミルトンがトップ。
タイムは1'33.611。
2番手が僚友ロズベルグでタイム差はわずか0.060秒というものだった。
3-4番手にボタス&マッサのウィリアムズ勢、5番手アロンソ(フェラーリ)、6番手マグヌッセン(マクラーレン)、7番手ライコネン(フェラーリ)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手バトン(マクラーレン)、10番手がベルニュ(トロ・ロッソ)。

ここで脱落となったのはマルドナド(ロータス)、グロージャン(ロータス)、エリクソン(ケータハム)、ビアンキ(マルシア)、小林可夢偉(ケータハム)、そしてチルトン(マルシア)の6台となった。

|

« フリー3回目ハミルトンがクラッシュ、可夢偉トラブル | トップページ | 予選Q2、ベッテル(レッドブル)ギリギリでクリア »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60419723

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1はハミルトン(メルセデス)トップ:

« フリー3回目ハミルトンがクラッシュ、可夢偉トラブル | トップページ | 予選Q2、ベッテル(レッドブル)ギリギリでクリア »