« FIA、米GPで「イエローコーション・システム」実車テストも | トップページ | ロシアGP初のウィナーはルイス・ハミルトン(メルセデス) »

2014/10/12

ハミルトン、ソフトタイヤを使用して、初開催のロシアグランプリでポール獲得 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2014 ロシアグランプリ 予選
・ミディアムとソフトのタイム差は、ラップあたり1.2秒に縮小
・摩耗とデグラデーションは非常に低く、1ストップ戦略も可能

2014年10月11日、ソチ
メルセデスのルイス・ハミルトンが、P Zeroイエロー・ソフトタイヤを使用して、初開催のロシアグランプリでポールポジションを獲得しました。ソチ用として選択されているタイヤは、P Zeroイエロー・ソフトとP Zeroホワイト・ミディアムです。ハミルトンは、Q3でソフトタイヤを使用して1分38秒513を記録し、チームメイトのニコ・ロズベルグを抑えました。その結果、今シーズン9回目のメルセデスによるフロントロー独占となりました。

両コンパウンド間のラップあたりのタイム差は、昨日の1.5秒から1.2秒へと縮小しました。このタイム差は、依然として多くの戦略の選択肢を与え、低いレベルの摩耗とデグラデーションを考慮に入れて1ストップにトライするチームも登場する可能性をもたらしています。

安全上の理由によってピットレーンの制限速度が60km/hに下げられたことも、1ストップ戦略の可能性を高めています。この速度制限により、ピットストップに約24秒を要することになるため、各チームは、決勝中のピットストップ時間の削減を狙ってくるでしょう。

ミディアムタイヤのみでのQ1を通過することに十分な自信のあるチームは現れず、気温25℃の温暖なドライコンディションで行われた予選ではソフトタイヤが多用されました。

ハミルトンは、Q3で1回のみのランを行い、セッション最速タイムを記録しました。このタイムは、自身がQ2で記録したタイムよりは遅いものでした。トロ・ロッソのダニール・クビアトは、ホームグランプリでキャリアベストの5番グリッドを獲得しました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「デグラデーションが最小レベルの中、予測通り、両コンパウンド間の性能差は昨日よりもわずかに縮小しました。また、ピットレーンの制限速度が下げられたことからも、ドライバーたちがタイヤを可能な限り長持ちさせて走行する1ストップ戦略の可能性がかなり高いと思われます。スピードのあるマシンは、スプリント戦略による2ストッパーを選ぶかもしれません。いずれにせよ、重要なこの初開催のサーキットで興味深いレースが展開され、タイヤ戦略が中心的な役割を演じるでしょう」

ピレリの戦略予測:
ピットレーン制限速度が60km/hに下げられた中、53周で争われるロシアグランプリ決勝では1ストップ戦略が理論上最速の戦略となります。しかし、この点は、各マシン固有のスピードやトラックポジションに依存します。

1ストップ戦略:
ソフトでスタート、34周でミディアムへ交換。
ミディアムでスタートし、18周でソフトへ交換する1ストップ戦略も同様の速さを発揮しますが、この戦略はトップ10グリッド以外のドライバーのみが使用できます。

2ストップ戦略の場合:
ソフトでスタート、20周でソフトへ、50周でミディアムへ交換。

Pi

|

« FIA、米GPで「イエローコーション・システム」実車テストも | トップページ | ロシアGP初のウィナーはルイス・ハミルトン(メルセデス) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60464460

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、ソフトタイヤを使用して、初開催のロシアグランプリでポール獲得 (ピレリ):

« FIA、米GPで「イエローコーション・システム」実車テストも | トップページ | ロシアGP初のウィナーはルイス・ハミルトン(メルセデス) »