« ハミルトン(メルセデス)、リード拡大にも沈着冷静 | トップページ | ケータハムF1、次戦新パーツ投入もドライバーは未定 »

2014/10/14

アロンソ(フェラーリ)、「来季に向け決断の時は迫っている」

Fernando Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
日本GPの会場で発表されたセバスチャン・ベッテルのレッドブル・レーシング離脱は世界に衝撃を与えたが、その後他のトップチームに移籍のニュースは聞かれないまま、微妙な空気がF1パドックに流れ続けている。

そのベッテルの行き先について、本人やホーナー代表がフェラーリ入りを示唆したとされているが、関係者は依然沈黙を守ったままだ。
これについてベッテルがフェラーリ・チームに加入する場合、離脱するのはアロンソのほうであるとの見方が有力になっている。

今季末までの1年契約だったライコネンはすでにフェラーリと2015年の契約を交わしたとのこと。
一方エースであるアロンソのほうはもともと2016年末までの長期契約が結ばれている筈だったが、そうした契約すらも解約が可能なのがF1という世界。
誰も確信は持てていないのが現実だ。

そのアロンソについて、メルセデスAMG入りは関係者により一蹴されたものの、かねてマクラーレン・チームとすでにコンタクトを取っているのではないか、というのが有力。
一説にはアロンソ自身がロシアGPの会場で「次のチームはメルセデス・エンジンではない」と語ったとしており、こうしたことも噂を裏付けている。
衆知のように、マクラーレン・チームは来季ホンダ製のパワーユニット搭載が決まっている。

|

« ハミルトン(メルセデス)、リード拡大にも沈着冷静 | トップページ | ケータハムF1、次戦新パーツ投入もドライバーは未定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60475731

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(フェラーリ)、「来季に向け決断の時は迫っている」:

« ハミルトン(メルセデス)、リード拡大にも沈着冷静 | トップページ | ケータハムF1、次戦新パーツ投入もドライバーは未定 »