« トト・ウォルフ氏(メルセデス)、ハミルトンとの契約交渉認める | トップページ | タイトル獲得メルセデスAMGチームに大盤振る舞いボーナス »

2014/10/15

ベッテル(レッドブル)、ついにエンジン交換ペナルティの餌食に

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、ルノー製のパワーユニットの不調で苦戦が続くセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だが、ついにエンジン交換によるペナルティを受ける見通しだ。

今年のレギュレーションではエンジンやターボなどパワーユニットの主要コンポーネントについては年間5基までしか認められておらず、6基目を使った場合予選グリッド10番降格のペナルティが科せられることになっている。
ベッテルの場合、そのすべてのコンポーネントですでに5基目となっていて、ペナルティを受けるのは時間の問題と言われていたもの。

なおいずれか一つが6基目になると10番グリッド後退だが、2つ目以降になるとさらに5グリッド後退のペナルティが科せられる。
また1戦で消化しきれない場合には、次戦に残りのペナルティ分が持ち越されることになっている。

今シーズン、他にもすでにベルニュ(トロ・ロッソ)、クビアト(トロ・ロッソ)、マルドナド(ロータス)らがペナルティを受けているが、3人はいずれもルノー製パワーユニットの搭載車だ。

|

« トト・ウォルフ氏(メルセデス)、ハミルトンとの契約交渉認める | トップページ | タイトル獲得メルセデスAMGチームに大盤振る舞いボーナス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60481027

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)、ついにエンジン交換ペナルティの餌食に:

« トト・ウォルフ氏(メルセデス)、ハミルトンとの契約交渉認める | トップページ | タイトル獲得メルセデスAMGチームに大盤振る舞いボーナス »