« FIA、ビアンキ(マルシア)の事故画像を厳戒監視 | トップページ | ミディアムとソフト、オースティン以来の新設サーキットへ登場 (ピレリ) »

2014/10/07

スメドリー氏(ウィリアムズ)、閉鎖型コクピットを提言

Image (C)FMotorsports
拡大します
ウィリアムズ・チームのロブ・スメドリー/エンジニアリング責任者は、日本GPで起きたビアンキ(マルシア)のアクシデントに鑑み、コクピットを閉鎖型にするという新たな提言をして注目されている。

今回のアクシデントでビアンキは頭部を何かに強打したため損傷を負ったとみられていて、こうした負傷を防ぐためにはコクピットを完全閉鎖型にするのが有効というもの。
イメージとしてはジェット戦闘機のようなものか。

スメドリー氏は「技術的に難しい問題点はない。
やる気になればすぐに実現できる筈」と、熱を入れている。

|

« FIA、ビアンキ(マルシア)の事故画像を厳戒監視 | トップページ | ミディアムとソフト、オースティン以来の新設サーキットへ登場 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60436679

この記事へのトラックバック一覧です: スメドリー氏(ウィリアムズ)、閉鎖型コクピットを提言:

« FIA、ビアンキ(マルシア)の事故画像を厳戒監視 | トップページ | ミディアムとソフト、オースティン以来の新設サーキットへ登場 (ピレリ) »