« 混乱ケータハムF1資産は管財人の手に | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「黄旗強制減速」をUS-GPで試験導入 »

2014/10/27

ベテランのバトン(マクラーレン)、サードカー案に懐疑的

Jenson Button (C)Honda Racing
拡大します
2000年、当時まだ異例の20歳という若さでF1デビューしたジェンソン・バトン(イギリス)も今年もう34歳、F1でも超ベテランの域に入ってきた。
そのバトンがチャンピオンシップを争うドライバーの立場からバーニー・エクレストン氏が導入に力を入れるいわゆる『サードカー案』に懐疑的な見解をみせ注目されている。

「1チームが2台であるか、3台であるかでは大きな違いがあるんだ。
もし(今年のように)どこか一つのチームが突出して強かった場合、そのチームの3人が表彰台を独占することになりかねないだろう。
毎回そんなシーンを見せつけられたら、ファンはそれを面白いレースだと感じてくれるかな。
大きなチームがさらに大きくなって台数を揃えるより、小さなチームがどうしたら生き残っていけるのかを考えるべきだと思うよ」

バトンはこうした問題を幾度となく繰り返し見てきた、と述懐した。

|

« 混乱ケータハムF1資産は管財人の手に | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「黄旗強制減速」をUS-GPで試験導入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60550765

この記事へのトラックバック一覧です: ベテランのバトン(マクラーレン)、サードカー案に懐疑的:

« 混乱ケータハムF1資産は管財人の手に | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「黄旗強制減速」をUS-GPで試験導入 »