« FIA発表、「ビアンキ(マルシア)は重篤だが安定」 | トップページ | 悪天候もあり、2014年日本GPの観客数は過去最低に »

2014/10/07

ビアンキ(マルシア)の対応にフェラーリ・チーム関係者も

Jules Bianchi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
日本GP決勝レース中のアクシデントで負傷、現在三重県内の病院で治療を受けているマルシアF1チームのジュール・ビアンキ(25歳:フランス)だが、チームは次戦ロシアGP参戦のため泣く泣くビアンキを日本に残し遠征の途に就いた。

ただ今後の対応のため、チームはサポート・メンバーを病院に残す判断をしたが、その中にフェラーリ・チームの関係者も加わっていることがわかった。

ビアンキは元々フェラーリ・チーム・ジュニア育成ドライバーの出身で、マルシアで走っている現在も跳ね馬チームのサポートを受けていたと思われる。
そうしたこともあり、本家フェラーリ・チームにドライバーの異動が予想される中、一部にはビアンキの本家大抜擢も噂されていたという。
しかし残念ながらその可能性はほとんど消滅することとなった。

|

« FIA発表、「ビアンキ(マルシア)は重篤だが安定」 | トップページ | 悪天候もあり、2014年日本GPの観客数は過去最低に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60436396

この記事へのトラックバック一覧です: ビアンキ(マルシア)の対応にフェラーリ・チーム関係者も:

« FIA発表、「ビアンキ(マルシア)は重篤だが安定」 | トップページ | 悪天候もあり、2014年日本GPの観客数は過去最低に »