« US-GPオーナー、「F1レースはNASCAR見習うべき」 | トップページ | パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」 »

2014/10/30

ベッテル(レッドブル)、「予選走る意味がない」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
F1レギュレーションで規定された年間5基以内のエンジン数をオーバーすることから、今週のUS-GPではペナルティが必至となるレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが不満をぶちまけている。

「いずれにしても今シーズン、僕が規定数のエンジンで乗り切ることはもう不可能だ。
したがって残り3戦のどこかでペナルティを受けるのは間違いない。
そしてそれはたぶん今週のUS-GPということになるんだろう。
どれか一つのコンポーネントを交換すれば予選グリッド10番降格のペナルティということになるけれど、僕の場合は一つのコンポーネントに留まらずパワーユニット全体を交換することになるらしい。
そうなるとグリッド後退どころかピットスタートということになる。
それならなにも予選を走ってエンジンを酷使することはない。
アメリカのファンには申し訳ないと思うけれど、予選を走る意味なんてないよね。
悪いけれど、これはレギュレーションの問題なんだ」

それでもベッテルは「ルールはみんなに公平さ」と、つぶやいた。

|

« US-GPオーナー、「F1レースはNASCAR見習うべき」 | トップページ | パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60566045

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)、「予選走る意味がない」:

« US-GPオーナー、「F1レースはNASCAR見習うべき」 | トップページ | パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」 »