« ベルニュ(トロ・ロッソ)、一転来季残留の可能性浮上 | トップページ | マクラーレン、バトン残留は織り込み済みか »

2014/10/16

マルシア、一部メディア報道に怒りの「否定声明」

Jules Bianchi (C)Marussia F1 Team
拡大します
日本GPでジュール・ビアンキが深刻な大アクシデントに見舞われたマルシアF1チームだが、メディアの報道が真実とは異なったものであるとしてわざわざ否定声明を明らかにした。

一部メディアによれば、事故直前スーティル(ザウバー)による別の事故で現場が「ダブル・イエロー・フラッグ」になった際、当時争っていたエリクソン(ケータハム)とのギャップを詰められることがないよう、チームはビアンキに減速する指示を行わず、むしろペースアップを指示したというもの。

これについて同チームはまったくの虚偽であると否定するとともに強く抗議するとした。
その裏付けとして無線の記録や当時ビアンキが減速しようとしたテレメトリーの記録があり、FIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターもこれを確認したとしている。

|

« ベルニュ(トロ・ロッソ)、一転来季残留の可能性浮上 | トップページ | マクラーレン、バトン残留は織り込み済みか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60486615

この記事へのトラックバック一覧です: マルシア、一部メディア報道に怒りの「否定声明」:

« ベルニュ(トロ・ロッソ)、一転来季残留の可能性浮上 | トップページ | マクラーレン、バトン残留は織り込み済みか »