« バトン(マクラーレン)、残留なければWEC(世界耐久選手権)へ | トップページ | 米娯楽地ラスベガスにF1開催計画再び »

2014/10/19

ピレリ、ブラジルGP路面改修で投入タイヤ変更

Paul Hembery (C)Pirelli Motorsport
拡大します
ピレリタイヤは今季第18戦ブラジルGPへの投入タイヤを変更したことを明らかにした。
それによれば当初発表していた「ミディアム」&「ハード」から、「ソフト」&「ミディアム」というより柔らかい方向へと変更するという。

これはブラジルGPの開催地であるインテルラゴス・サーキットが、今年コースのアスファルト舗装を全面的に改良したことによるもの。
路面が変わったことから、当初のタイヤでは硬すぎると判断したとのことだ。

これについてはとりわけ地元ブラジル出身であるフェリッペ・マッサ(ウィリアムズ)から強くその必然性が指摘されていた。
実際、ピレリのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターも「マッサの進言を考慮した」としていて、その柔軟性は評価されそうだ。

|

« バトン(マクラーレン)、残留なければWEC(世界耐久選手権)へ | トップページ | 米娯楽地ラスベガスにF1開催計画再び »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60507823

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、ブラジルGP路面改修で投入タイヤ変更:

« バトン(マクラーレン)、残留なければWEC(世界耐久選手権)へ | トップページ | 米娯楽地ラスベガスにF1開催計画再び »