« ロシアGP初代ポールシッターはハミルトン(メルセデス)に | トップページ | 母国で予選最高位クビアト、「5位フィニッシュ目指す」 »

2014/10/12

迷惑?プーチン大統領のロシアGP視察で厳重警備

 B.Ecclestone & V.Putin
史上初の開催となったロシアGPは、充実した整備や評判の良いコース、そして初日から多くの観客が詰め掛けるなど関係者からも好印象をもって迎えられているが、それを揺るがしかねない事態が起きそうだ。

これは、ロシアGP誘致に大きな影響力を発揮したプーチン大統領が、日曜日自らロシアGP視察のためソチに来訪する予定が明らかになったためだ。

プーチン大統領の警備は世界でも最高レベルの厳重さで、テロを警戒して多くの制約が科せられることになるという。
主催者によればその一例として、現地の無線交信にも制限が掛けられることからマシンとピット・ギャントリーとを結ぶ無線も一時的に使えなくなる可能性すら指摘されている。

せっかくの大統領視察がF1関係者から敬遠されないことを祈るばかりだ。

|

« ロシアGP初代ポールシッターはハミルトン(メルセデス)に | トップページ | 母国で予選最高位クビアト、「5位フィニッシュ目指す」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60463443

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑?プーチン大統領のロシアGP視察で厳重警備:

« ロシアGP初代ポールシッターはハミルトン(メルセデス)に | トップページ | 母国で予選最高位クビアト、「5位フィニッシュ目指す」 »