« 日本GPフリー走行2回目、トラブルやクラッシュ続出 | トップページ | マルドナド(ロータス)、6基目エンジンでグリッド降格ペナルティ »

2014/10/03

FIA、日本GPスタート時刻の変更も検討へ

 (C)tenki.jp
太平洋で発生し現在北上中の大型台風18号の接近に伴い、F1日本GPへの影響が懸念されている。
3日(金)はフリー走行1日目セッションが行われたが、関係者の会話には台風への懸念が必ず含まれる有り様。

これについてFIA(国際自動車連盟)は、日曜日の決勝レースのスタート時刻を早める方向で検討していることを明らかにした。
もし日曜日のレースが無事行われたとしても、今回の日本GPは来週行われるロシアGPとの連続開催ということもあり、関係者や機材の移動に障害があっては一大事となるからだ。

現在FIAのチャーリー・ホワイティング/レースディレクターとFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表との間で話し合われているとのことだ。

鈴鹿サーキットの日本GPでは2010年にも台風の影響でスケジュールが変更された過去がある。

|

« 日本GPフリー走行2回目、トラブルやクラッシュ続出 | トップページ | マルドナド(ロータス)、6基目エンジンでグリッド降格ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60414970

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、日本GPスタート時刻の変更も検討へ:

« 日本GPフリー走行2回目、トラブルやクラッシュ続出 | トップページ | マルドナド(ロータス)、6基目エンジンでグリッド降格ペナルティ »