« FIA、ビアンキの「事故調査委員会」を設置 | トップページ | ザウバー・チーム、若手新人ドライバー二人をテストへ »

2014/10/17

ケータハムF1、本拠地の移転を模索か

Caterham Factory (C)Caterham F1 Team
拡大します
相変わらず資金難が伝えられるケータハムF1チームだが、今度はイギリス・リーフィールドにあるチームの本拠地の移転を模索していることが伝えられた。
一方、新しく同チームの代表ポジションに就いたマンフレディ・ラベット氏は、噂されるF1参戦断念の噂を否定、最後まで戦い続けることを強調している。

「いろいろな噂があることは承知しているが、新しいオーナーはチームの十分な資金投入をしていてわれわれが予定通りシーズン末のアブダビGPまで参戦することは疑いのないところだ。
もし旧体制のままだったなら、イギリスGPでもうケータハムF1の力は潰えていただろう。
われわれのパフォーマンスは間違いなく進化していて、残りの3戦でさらなる好成績を収めるべくチーム一丸となっているところだ」

とはいえファクトリーは一部、当局により差し押さえられたと伝えられていて、そのため本拠地移転を余儀なくされているのでは、とみられている。
かつてアローズ・チームが本拠地としたリーフィールドのファクトリーは、その後スーパー・アグリが使用したことで日本でも知られた所。
チームの財産問題では度々その名前が浮上する。

|

« FIA、ビアンキの「事故調査委員会」を設置 | トップページ | ザウバー・チーム、若手新人ドライバー二人をテストへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60491861

この記事へのトラックバック一覧です: ケータハムF1、本拠地の移転を模索か:

« FIA、ビアンキの「事故調査委員会」を設置 | トップページ | ザウバー・チーム、若手新人ドライバー二人をテストへ »