« ベッテル(レッドブル)、「予選走る意味がない」 | トップページ | US-GPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏 »

2014/10/30

パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンもタイトル獲得という夢が絶たれたフェラーリ・チームでは、残り3戦すでに2015年シーズンを視野にマシンの改善に臨むことを明らかにした。

これは同チームのパット・フライ/エンジニアリング・ディレクターが示したもので、「これまでの戦いで、われわれのマシンに何が欠けているのかが明確になってきた。
現在のF1では当然のことながらそのパワーユニットが最大のカギとなるが、われわれはさらにエアロダイナミックス改良やタイヤの使い方などで改善の余地があることを理解している。
残りのシーズン3戦を含めこれからの5か月でそれらを大きく進化させ、2015年シーズンは最初から高い戦闘力で臨みたい」と、語っている。

これまでのところフェラーリ・チームはコンストラクターズ・ランキング4位。
タイトル獲得したのは遠く2008年が最後ということになる。

|

« ベッテル(レッドブル)、「予選走る意味がない」 | トップページ | US-GPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60566143

この記事へのトラックバック一覧です: パット・フライ(フェラーリ)、「2015年視野に臨む」:

« ベッテル(レッドブル)、「予選走る意味がない」 | トップページ | US-GPのスチュワードはデレック・ワーウィック氏 »