« FIA、今シーズン中に『サードカー』要請予定なし | トップページ | 「マルシアのUS-GP欠場」、B.エクレストン氏が認める »

2014/10/25

ミハエル・シューマッハ担当医師、「回復に1~3年」の見通し

Grenoble Hospital (C)Ferrari S.p.A
拡大します
昨年の暮れ、フランス・グルノーブルでのスキー事故により重体となり、その後療養生活が続いているミハエル・シューマッハ氏だが、担当の医師が「一応の回復まで1年から3年掛かる」との見通しを明らかにした。
これはドイツのテレビ局『RTL』の取材に語ったものだが、シューマッハ氏の回復について具体的な年月を明らかにしたのはこれが初めて。

グルノーブルの病院で担当だったジャン・フランソワ・ペイアン医師は、「回復の期間は人それぞれで一概には言えない。
ただ私の経験から、彼と同じような状態である脳損傷の患者に当てはめるとそのくらいかなと推定している。
しかしまだ予断を許す状況にはなく、依然として回復には忍耐と努力が必要だ」と、慎重な姿勢をみせた。

医師の言う「回復」がどの程度のものを指すのか不明だが、家族と会話ができるようになるというレベルとみられる。

|

« FIA、今シーズン中に『サードカー』要請予定なし | トップページ | 「マルシアのUS-GP欠場」、B.エクレストン氏が認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60539845

この記事へのトラックバック一覧です: ミハエル・シューマッハ担当医師、「回復に1~3年」の見通し:

« FIA、今シーズン中に『サードカー』要請予定なし | トップページ | 「マルシアのUS-GP欠場」、B.エクレストン氏が認める »