« イタリアGP予選Q1、今回はロータス勢が不振 | トップページ | イタリアGPポールは本命ハミルトン(メルセデス)が獲得 »

2014/09/06

予選Q2、ライコネン(フェラーリ)が脱落

引き続き行われた予選Q2も、メルセデスAMG勢の速さが際だったセッションとなった。

トップタイムはここでもハミルトン(メルセデス)でそのベストタイムは1'24.560。
これにわずか0.040秒の僅差でチームメイトのロズベルグが続いた。
しかし調子を上げている上げているウィリアムズ勢がこれに肉薄。
ボタスが3番手、マッサが4番手につけた。

5番手はアロンソ(フェラーリ)、6番手バトン(マクラーレン)、7番手ベッテル(レッドブル)、8番手ペレス(フォース・インディア)、9番手リカルド(レッドブル)、そして10番手のマグヌッセン(マクラーレン)までがQ3に進出を決めた。

ここで脱落したのはクビアト(トロ・ロッソ)、ライコネン(フェラーリ)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、スーティル(ザウバー)、そしてグティエレス(ザウバー)の6台になった。

|

« イタリアGP予選Q1、今回はロータス勢が不振 | トップページ | イタリアGPポールは本命ハミルトン(メルセデス)が獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60272039

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、ライコネン(フェラーリ)が脱落:

« イタリアGP予選Q1、今回はロータス勢が不振 | トップページ | イタリアGPポールは本命ハミルトン(メルセデス)が獲得 »