« 公式予選Q1、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | シンガポールGPポールポジションはハミルトン(メルセデス) »

2014/09/20

予選Q2はロズベルグ(メルセデス)が巻き返し

シンガポールGP予選Q2はメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグがようやく本領を発揮してトップに立った。
ベストタイムは1'45.825というものでQ1のタイムより1.419秒短縮している。

2番手もチームメイトのハミルトンでロズベルグ(メルセデス)とのタイム差は0.462秒。
3-4番手はアロンソ&ライコネンのフェラーリ勢、5番手マッサ(ウィリアムズ)、6-7番手にレッドブルのリカルド&ベッテル、8番手ボタス(ウィリアムズ)、9番手マグヌッセン(マクラーレン)、そして10番手クビアト(トロ・ロッソ)でここまでがQ3進出を決めた。

脱落となったのはバトン(マクラーレン)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、グティエレス(ザウバー)、ペレス(フォース・インディア)、そしてグロージャン(ロータス)の6台。

|

« 公式予選Q1、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | シンガポールGPポールポジションはハミルトン(メルセデス) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60348153

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2はロズベルグ(メルセデス)が巻き返し:

« 公式予選Q1、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | シンガポールGPポールポジションはハミルトン(メルセデス) »