« フリー走行3回目、アロンソ(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 予選Q2はロズベルグ(メルセデス)が巻き返し »

2014/09/20

公式予選Q1、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム

シンガポールGP公式予選は、まず18分間のQ1セッションが行われた。
天候は曇り。予選セッション開始時の気温は27度、路面温度は33度となっている。

ここでトップタイムを記録したのはライコネン(フェラーリ)で1'46.685。
以下、アロンソ(フェラーリ)、ハミルトン(メルセデス)、バトン(マクラーレン)、ボタス(ウィリアムズ)、ロズベルグ(メルセデス)、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ベッテル(レッドブル)、リカルド(レッドブル)、マッサ(ウィリアムズ)、クビアト(トロ・ロッソ)、グロージャン(ロータス)、グティエレス(ザウバー)、マグヌッセン(マクラーレン)、そしてペレス(フォース・インディア)までの16台がQ2進出。

ここで脱落となったのはスーティル(ザウバー)、マルドナド(ロータス)、ビアンキ(マルシア)、小林可夢偉(ケータハム)、チルトン(マルシア)、そしてエリクソン(ケータハム)の6台。
なお107%タイムは1'52.287でこれは全車クリアしている。

|

« フリー走行3回目、アロンソ(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 予選Q2はロズベルグ(メルセデス)が巻き返し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60348021

この記事へのトラックバック一覧です: 公式予選Q1、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム:

« フリー走行3回目、アロンソ(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | 予選Q2はロズベルグ(メルセデス)が巻き返し »