« ミカ・サロ氏、「不明瞭な無線指示制限は悪影響」 | トップページ | 予選2番手ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、「2位なら上等」 »

2014/09/21

PPハミルトン(メルセデス)、「エキサイティングな予選だった」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
前戦イタリアに続くポールポジション獲得。
これにより今季6回目、自身通算37回目の快挙を記録したメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンは次のように熾烈な予選の戦いを振り返った。

「ポールポジションを狙った最後のアタックでは、いきなり1コーナーでミスをしてしまった。
その時はもうこれでポールを逸したと思ったけれど、それでもその後懸命に挽回したんだ。
記憶にある中で、最もエキサイティングな予選だったかも知れないよ。
本来ここは難しいコースではあるけれど、ライバルたちとこんなに接近するとは、ね。
レッドブル、フェラーリ……
注意すべきチームはたくさんあるね。
明日の決勝レースもタイヤの使い方がキーになると思うけれど、ファンに最高の走りを見せたいと思っているよ」

ここシンガポールでは2009年にポールTOウィンを決めているが、2012年はポールスタートながらリタイヤを喫している。

|

« ミカ・サロ氏、「不明瞭な無線指示制限は悪影響」 | トップページ | 予選2番手ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、「2位なら上等」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60349576

この記事へのトラックバック一覧です: PPハミルトン(メルセデス)、「エキサイティングな予選だった」:

« ミカ・サロ氏、「不明瞭な無線指示制限は悪影響」 | トップページ | 予選2番手ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、「2位なら上等」 »