« FIA(国際自動車連盟)、ドライバーへの無線指示一部制限も | トップページ | 2016年新規参戦ハース、フェラーリBチーム化も »

2014/09/10

ベッテル(レッドブル)、今度はブランニュー・シャシーに

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズンの不振原因の一つにシャシーの不調が挙げられているレッドブル・レーシングの王者セバスチャン・ベッテルだが、次戦シンガポールGPを前に再度シャシーを交換することがわかった。

ベッテルは今季すでに第5戦スペインGPと今回の第13戦イタリアGPと2回に渡ってシャシー交換に踏み切っているが、効果が出ていないと判断されたようだ。
ちなみに今回のイタリアGPでは僚友リカルドの5位に続く6位フィニッシュとまずまずのリザルトだった。
しかしレース中のファストラップで比べると、リカルドが6番手だったのに対しベッテル自身は10番手に埋没。
かつて全体の最速タイムを叩き出す常連だったプライドを傷つけるものだった。

なおこれまではテストに使用するなどした「中古シャシー」だったが、今回は完全な新品「ブランニュー・シャシー」になるとのことで、自ら退路を断った形だ。

|

« FIA(国際自動車連盟)、ドライバーへの無線指示一部制限も | トップページ | 2016年新規参戦ハース、フェラーリBチーム化も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60291798

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)、今度はブランニュー・シャシーに:

« FIA(国際自動車連盟)、ドライバーへの無線指示一部制限も | トップページ | 2016年新規参戦ハース、フェラーリBチーム化も »