« マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、F1資格条件クリア | トップページ | 2015年暫定F1カレンダー(9/12) »

2014/09/12

ジェンソン・バトン、来季マクラーレン残留説高まる

Jenson Button's Helmet (C)McLaren Group
拡大します
2009年のF1チャンピオンであるジェンソン・バトン(マクラーレン)について、同チームとの契約が今季限りで終了することからバトンはF1引退に追い込まれるのではないか、と再三伝えられてきたが、ここに来て同選手のマクラーレン残留説が高まってきているようだ。

既報のようにマクラーレンは2015年から再びホンダからパワーユニットの供給を受け、かつての黄金時代の再来を窺っている。
そのため、アロンソ(フェラーリ)やベッテル(レッドブル)、ハミルトン(メルセデス)クラスのトップドライバー獲得に走ったとされるが、いずれもいまのところ実現の可能性は低いままだ。
このためチームはドライバー変更を2016年以降にずらし、バトン&マグヌッセンいずれのドライバーについても2015年は残留させるのではないかとの見方が強まっているものだ。

ちなみにベッテルとハミルトンの契約はいずれも2015年末までとみられるがベッテルにはすでに2017年まで延長したとの噂、また元々2016年末までのアロンソもフェラーリとさらなら長期契約を交わしたとの噂もあり、マクラーレンにとっては苦しい展開が続きそうだ

|

« マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、F1資格条件クリア | トップページ | 2015年暫定F1カレンダー(9/12) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60301428

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンソン・バトン、来季マクラーレン残留説高まる:

« マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、F1資格条件クリア | トップページ | 2015年暫定F1カレンダー(9/12) »