« シーズン最速のサーキットで、1ストップが予測される (ピレリ) | トップページ | イタリアGP予選Q1、今回はロータス勢が不振 »

2014/09/06

最終フリー、ロズベルグにトラブルでハミルトンが最速

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
6日(土)午前、イタリアGPはフリー走行3回目セッションが行われた。
天候は晴れで路面はドライコンディション、セッション開始時の気温は22度、路面温度は31度と報告されていて、午後の公式予選では相当程度まで上昇することが予想される。

初日はハミルトンにトラブルが出たメルセデス、今回はロズベルグがギヤシフトの不具合を訴え3ラップしただけでガレージに戻り、その後大掛かりな修復作業に取り掛かった。
また残り30分を切ったところでペレス(フォース・インディア)が駆動力を失ってコース上にストップしている。

1'25.519のトップタイムを記録したのはハミルトンでこれにアロンソ(フェラーリ)が0.412秒差で続いた。
3-4番手にはウィリアムズのボタス&マッサ、5番手バトン(マクラーレン)、6番手ベッテル(レッドブル)、7番手ライコネン(フェラーリ)、8番手クビアト(トロ・ロッソ)、9番手リカルド(レッドブル)、10番手がヒュルケンバーグ(フォース・インディア)だった。
マグヌッセン(マクラーレン)は11番手、ケータハムの小林可夢偉は18番手、エリクソンは21番手、公式予選を前にファンを残したロズベルグ(メルセデス)はノータイムだった。

イタリアGP:フリー走行3回目の結果はこちら
イタリアGPの画像はこちら

|

« シーズン最速のサーキットで、1ストップが予測される (ピレリ) | トップページ | イタリアGP予選Q1、今回はロータス勢が不振 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60270296

この記事へのトラックバック一覧です: 最終フリー、ロズベルグにトラブルでハミルトンが最速:

« シーズン最速のサーキットで、1ストップが予測される (ピレリ) | トップページ | イタリアGP予選Q1、今回はロータス勢が不振 »