« C.アルバース(前ケータハム代表)は「新オーナーのやり口に嫌気」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ドライバーへの無線指示一部制限も »

2014/09/10

ミハエル・シューマッハ氏に朗報、退院して自宅療養へ

Forza Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
世界中のファンから応援の声が寄せられる元F1チャンピオン、ミハエル・シューマッハ氏だが、スイス・ローザンヌの病院に転院後、さらに朗報が届けられた。

これは同氏のマネージメント・チームのサビーネ・ケームさんが明らかにしたもので、それによればシューマッハ氏は入院していた病院を退院、スイスの自宅で家族と共にリハビリテーションに傾注するとのこと。

容態の詳細については明らかにされていないものの、「当初の深刻な怪我の状況から考えると,最近数週間から数か月は大きな進展を続けている」とした。
ただ、「これからの道のりはまだ長く険しいものである」ともし、今後も困難なリハビリテーションが長期に渡って続くことを示した。

|

« C.アルバース(前ケータハム代表)は「新オーナーのやり口に嫌気」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ドライバーへの無線指示一部制限も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60291467

この記事へのトラックバック一覧です: ミハエル・シューマッハ氏に朗報、退院して自宅療養へ:

« C.アルバース(前ケータハム代表)は「新オーナーのやり口に嫌気」 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、ドライバーへの無線指示一部制限も »