« イタリアGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)トップ | トップページ | 復帰の小林可夢偉(ケータハム)、「久しぶりの感覚」 »

2014/09/06

ハミルトン(メルセデス)は電子系トラブルに見舞われる

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今回も優勝候補の本命に目されていたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトン。
これを裏付けるように午前に行われたフリー走行1回目ではこれに違わず全体のトップタイムをマークして終えた。
しかし午後の2回目セッションではいきなりマシントラブルに見舞われ、ガレージ内部で多くの時間を過ごすに留まった。

ハミルトンは「午前の結果やチームメイト(ロズベルグ)のタイムをみても僕らのマシンがこの週末高い戦闘力を持っているのは明らかだ。
残念ながら僕はトラブルに見舞われてしまったけれど、スタッフは素晴らしい仕事をしてくれたよ。
明日はこの分を取り戻し、グリッドの一番前を狙いたい。
だってここモンツァはコース幅も狭いしオーバーテイク・ポイントが少ないからね」と、語っている。

チームによればトラブルの原因は電子系のものということだが、今年のマシンの特徴でアンダーフロアを取り外すなど大掛かりの作業を強いられ走行時間を失った。

|

« イタリアGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)トップ | トップページ | 復帰の小林可夢偉(ケータハム)、「久しぶりの感覚」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60267185

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)は電子系トラブルに見舞われる:

« イタリアGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)トップ | トップページ | 復帰の小林可夢偉(ケータハム)、「久しぶりの感覚」 »