« 名門「ブラバム」、F1見据え来季WEC(世界耐久選手権)参戦 | トップページ | 「エンジン開発凍結してもコスト増」と、メルセデス首脳 »

2014/09/26

やっぱり『熱地獄』だったマグヌッセン(マクラーレン)

Kevin Magnussen (C)McLaren Group
拡大します
先のシンガポールGP決勝レース中、マクラーレン・チームのケビン・マグヌッセンがコクピット内部の異常な熱さを訴えていたことから何かトラブルがあったことが窺われていたが、レース後の取材でチームはこうしたことを否定していた。

しかしその後あらためてチームが明らかにしたところによれば、高圧に保たれるラジエター部のシールド部分が損傷、かなり高温の熱気がコクピットに浸入していたことがわかったという。
実際、マグヌッセンはレース後経度の火傷で手当を受けたと伝えられる。

チームによれば、現在のテレメトリー・システムではこうしたトラブルが発生したのをピット・ギャントリーで把握することができなかったという。
ただこの問題に対してはすでに対策が講じられ、今後再発する恐れはないとされている。

|

« 名門「ブラバム」、F1見据え来季WEC(世界耐久選手権)参戦 | トップページ | 「エンジン開発凍結してもコスト増」と、メルセデス首脳 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60376200

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり『熱地獄』だったマグヌッセン(マクラーレン):

« 名門「ブラバム」、F1見据え来季WEC(世界耐久選手権)参戦 | トップページ | 「エンジン開発凍結してもコスト増」と、メルセデス首脳 »