« ライコネン(フェラーリ)、「ERSの改善が必須」と訴え | トップページ | ケータハム、ロシアGPではロマン・ルシノフ起用の噂 »

2014/09/16

メルセデス、パスカル・ウェーレインをリザーブドライバーに

Pascal Wehrlein (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデスAMGチームはメルセデス傘下のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)ドライバーであるパスカル・ウェーレイン(ドイツ)をリザーブドライバーに指名したことを明らかにした。

まだ19歳のウェーレインは昨年史上最年少でDTMデビュー。
参戦2年目の今年、ラウジッツリンクで行われた第8戦で史上最年少でポールTOウィンという快挙を演じたばかりの逸材だ。
9月にはポルトガルにあるアルガルベ・サーキットで旧型マシンによるF1テストで500キロを走破、すでにスーパーライセンスの資格をも得ているという。

ドイツ・チームにおけるドイツ人若手ドライバーの台頭は、英国人であるルイス・ハミルトンへのプレッシャーになるかも知れない。
(ロズベルグはドイツ人)

|

« ライコネン(フェラーリ)、「ERSの改善が必須」と訴え | トップページ | ケータハム、ロシアGPではロマン・ルシノフ起用の噂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60322790

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、パスカル・ウェーレインをリザーブドライバーに:

« ライコネン(フェラーリ)、「ERSの改善が必須」と訴え | トップページ | ケータハム、ロシアGPではロマン・ルシノフ起用の噂 »