« シンガポールGPフリー走行がスタート | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「無線指示制限」一部緩和 »

2014/09/20

シンガポールGPフリー走行2回目はハミルトン最速

Singapore Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
19日午後、シンガポールGPは引き続きフリー走行2回目セッションがスタートした。
現地時間はすでに午後9時半を廻っているが、しかし依然として蒸し暑い東南アジアの気候。
セッション開始時の気温28度、路面温度は34度と報告されている。
なお午前のセッション終了時にエンジントラブルでストップしたレッドブルのベッテルは、エンジン交換(中古?)を決意、ガレージではまだその作業が続いている。

90分間のセッションを終え、トップタイムを記録したのはやはりメルセデスAMGでハミルトンが記録した1'47.490。
これにわずか0.133秒の差でアロンソ(フェラーリ)が続いた。
3番手リカルド(レッドブル)、4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手には修復後わずかな周回しかできなかったベッテル(レッドブル)がつけた。
6-7番手にマグヌッセン&バトンのマクラーレン勢、8-9番手ペレス&ヒュルケンバーグのフォース・インディア勢、そして10番手はクビアト(トロ・ロッソ)になった。
ケータハムF1の小林可夢偉は21番手で、マルシア勢を喰うことはできなかった。

シンガポールGP:フリー走行2回目の結果はこちら
シンガポールGPの画像はこちら

|

« シンガポールGPフリー走行がスタート | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「無線指示制限」一部緩和 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60343296

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGPフリー走行2回目はハミルトン最速:

« シンガポールGPフリー走行がスタート | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「無線指示制限」一部緩和 »