« イタリアGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)は電子系トラブルに見舞われる »

2014/09/05

イタリアGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)トップ

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
イタリアGPは5日(金)午後、引き続きフリー走行2回目セッションが行われた。
天候は曇りでドライコンディション、セッション開始時の気温は23度、路面温度は35度まで上昇、降水確率は20%と報告されている。

なおロータスのグロージャン、ザウバーのスーティル、そしてケータハムの小林可夢偉らはすべてコクピットに復帰している。

このセッションで最速タイムを記録したのはやはりメルセデスAMGだったが今回はニコ・ロズベルグのほう。
ただそのタイム1'26.225は午前にハミルトンがマークしたものよりわずかに遅れるものとなった。
2番手そのハミルトン(メルセデス)、マシントラブルかロズベルグの41ラップに比べ16ラップと周回数は少なかった。
3番手このところ好調のライコネン(フェラーリ)、4番手もフェラーリのアロンソ、5番手にボタス(ウィリアムズ)、6番手バトン(マクラーレン)、7番手ベッテル(レッドブル)、8番手マグヌッセン(マクラーレン)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、そして10番手がリカルド(レッドブル)という順。
フェラーリ勢、マクラーレン勢、そしてウィリアムズらが調子を上げてきた。
またケータハムは小林可夢偉が21番手、エリクソン22番手だった。

イタリアGP:フリー走行2回目の結果はこちら
イタリアGPの画像はこちら

|

« イタリアGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)は電子系トラブルに見舞われる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60266055

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアGPフリー2回目はロズベルグ(メルセデス)トップ:

« イタリアGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)は電子系トラブルに見舞われる »