« フィアット創業家アニエッリ氏、モンテツェモロ氏更迭を支持 | トップページ | 反発多い「無線指示制限」、見直しの可能性も »

2014/09/19

シンガポールGPのスチュワードにはアラン・ジョーンズ氏

A.Jones & F.Williams/1980 (C)Williams F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週行われるシンガポールGPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に元F1チャンピオンであるアラン・ジョーンズ氏(66歳)を指名した。

ジョーンズ氏がスチュワードを務めるのは昨年のスペインGP以来で、2010年の韓国、日本GP、そして一昨年のインドGP等に続く通算5回目ということになる。

1975年のスペインGPにヘスケス・フォードでF1デビューを果たしたジョーンズ氏は、その後サーティーズやシャドーを経てウィリアムズに移籍。
自身通算12勝、ポール・ポジション6回を記録、1980年にはオーストラリア人としてジャック・ブラバム氏に続く二人目となる世界チャンピオンに輝いた。

|

« フィアット創業家アニエッリ氏、モンテツェモロ氏更迭を支持 | トップページ | 反発多い「無線指示制限」、見直しの可能性も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60338949

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGPのスチュワードにはアラン・ジョーンズ氏:

« フィアット創業家アニエッリ氏、モンテツェモロ氏更迭を支持 | トップページ | 反発多い「無線指示制限」、見直しの可能性も »