« シンガポールGPフリー走行2回目はハミルトン最速 | トップページ | C.ホワイティング/ディレクター、無線取り締まりの困難さ認める »

2014/09/20

FIA(国際自動車連盟)、「無線指示制限」一部緩和

FIA
このシンガポールGPからチームとドライバーとの無線交信を大幅に制限することを通知したFIA(国際自動車連盟)だが、現地で各チーム代表と協議した結果、新しいルールを一部緩和することを決めた。
これにより今回のシンガポールGPからは「ドライバーのパフォーマンスに関する情報」のみが禁止となり、他のものについては2015年シーズンからということになった。

具体的な禁止項目は以下の通り。

・ドライビングテクニック全般
・オーバーテイクボタンの使用
・ギアの選択範囲
・ブレーキングポイント
・ブレーキ率またはブレーキ利用全般
・ブレーキ時のクルマの安定性
・他のドライバーと比較したブレーキング率
・コースのドライビングライン
・スロットル利用全般
・縁石との接触
・特定のコーナーにおけるクルマのセットアップ情報
・他のドライバーとのタイム比較
・他のドライバーとのコーナースピード比較
・他のドライバーとのギア選択比較
・他のドライバーとのスロットル比較
・他のドライバーとのDRS使用比較

|

« シンガポールGPフリー走行2回目はハミルトン最速 | トップページ | C.ホワイティング/ディレクター、無線取り締まりの困難さ認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60343952

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、「無線指示制限」一部緩和:

« シンガポールGPフリー走行2回目はハミルトン最速 | トップページ | C.ホワイティング/ディレクター、無線取り締まりの困難さ認める »