« ピレリタイヤ、ケータハムへの今季タイヤ供給を保証 | トップページ | やっぱり『熱地獄』だったマグヌッセン(マクラーレン) »

2014/09/26

名門「ブラバム」、F1見据え来季WEC(世界耐久選手権)参戦

Jack Brabham (C)Renault F1 UK
拡大します
1960年代にジャック・ブラバム卿が設立した名門『ブラバム』が、近くF1に戻ってくる可能性が出て来た。

それによれば長く「漂流」していたこのブランドをブラバム家が取り戻し、2015年にはまずWEC(世界耐久選手権)に参戦、そしていずれはF1のステージにカムバックしようとするもの。
加えてこのプロジェクトを推進する中心人物が、かつて自身もF1ドライバーだったデビッド・ブラバム氏(ジャック・ブラバム氏の子息)であるということだ。

デビッド・ブラバム氏は「私は『ブラバム』の名前がF1に戻ってくるのを常に望んでいた。
この新しいレース・チーム設立は復活に向けたまずその第一歩になるもの」とイギリス『インディペンデント』紙に意欲を語った。

|

« ピレリタイヤ、ケータハムへの今季タイヤ供給を保証 | トップページ | やっぱり『熱地獄』だったマグヌッセン(マクラーレン) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60375933

この記事へのトラックバック一覧です: 名門「ブラバム」、F1見据え来季WEC(世界耐久選手権)参戦:

« ピレリタイヤ、ケータハムへの今季タイヤ供給を保証 | トップページ | やっぱり『熱地獄』だったマグヌッセン(マクラーレン) »